四国スバル株式会社四国スバル株式会社

SHOP TOPICS

高知東店

キャンプに出掛けて引きこもるという矛盾です!

投稿日:2019年5月10日 更新日:

 

 

 

こんにちは。

いつも高知東店のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

 

 

長期休業の間、皆さまには多大なるご不便をおかけいたしました。

 

 

昨日より営業を再開しております!

 

 

 

長期連休のあった方はいかがお過ごしでしたか?

 

 

素敵な出会いや未知との遭遇はありましたか?

 

 

行きたいところに行ける。

そんな自由を与えてくれるスバルのクルマが大活躍した

連休をお過ごしいただけていましたら幸いです。

 

 

愛車を労う点検やメンテナンス、ご予約お待ちいたしております!

 

 

 

さて、昨年の連休はあまりに何もしなかった為、焦って残り2日で剣山スーパー林道を

訪れまして、辛うじて連休の思い出らしい思い出が出来たのですが、さて、

今年はいかがだったかと申しますと、、、

 

 


〜連休前夜時点での予定〜

 

4月30日夜
友人と会食(((o(*゚▽゚*)o)))

 

5月1〜8日
未定((((;゚Д゚)))))))

 


少しは学んでよ!(笑)

 


というわけで、友人と遊んだり旅行に出掛けたりというのは完全に出遅れましたので、

一人でも愉しめるソロキャンプに出掛けることと相成りました。

 

 


1・2日は四国カルストの姫鶴平。

 


お天気に恵まれれば標高があり不快な虫も少なく景観も抜群なのですが、

この日は気温も低くお昼から夕方まであいにくの雨で、

天狗高原はフォグランプを点灯しても10m先が見通せないほどの濃霧に見舞われました。

 

 

霧の中からキープライトで現れる無灯火の対向車に戦慄が走りつつ

最徐行で慎重に走った結果、到着した頃には時すでに16時半頃。

 

 

地面がぬかるんでいない一等地には既に無数のテントが張られており、

やむを得ず深いところでは5cm程の水深がある水溜りの真横にテントを設営します。

 

 

大型ながら一人で容易に設営が出来るのでソロキャンプには最適です

 

 

四国のキャンプ場にしてはなかなかの密度ではないでしょうか?

 

 

私のテントはココです!

 

 

 

この日はチャチャっと夕食を済ませ、凍える夜を過ごしました。

 

 

このキャンプで学んだことはシュラフ(寝袋)が要る!ということ。

 

 

 

そこで、3・4日スノーピークさんのお布団型のシュラフを購入し、

その足で高知市土佐山にある鏡川源流憩いの広場に向かい、早速実戦配備です。

 

 

鏡川を眼前に木々に囲まれているので空気が美味しいです

後述しますが私のテントには照明がなく全体的に暗いです

 

 

標高1,300mで霧が立ち込める上に山越えの疾風吹き荒ぶ姫鶴平と

標高200mで無風の土佐山とは条件も異なりますが、

シュラフのおかげで睡眠は快適そのものです!

 

 

シュラフって大事なんだなぁ。つの

 

 

しかし、一つ課題をクリアすると更に欲が出てくるのが人間で、

夕暮れ時にお料理をする時の暗さが気になります。

 

 

 

5・6日は家から出ず、なんとか明るくする方法はないかと家中の照明を漁りましたが、しかし、そうそうおいしい話はありません。

 

 

 

やむなく、7・8日は兵庫県の淡路島にある瀬戸内海国立公園休暇村南淡路さん

オートキャンプ場への往路で香川県宇多津町に今年3月にオープンしたばかりの

アルペンアウトドアーズ宇多津店さんに立ち寄り、

テントとシュラフの購入でとっくに底をついた財布をほじくり返してランタンを購入。

 

 

こちらもそのまま実戦に投入します。

 

 

 

余談ですが、アルペンアウトドアーズ宇多津店さんは先月に私がテントを購入したお店です。

 

 

大手アウトドアブランド専門コーナーを始めとして、国内では流通が少ない

海外ブランドも取り扱う圧倒的な品揃え見やすい商品陳列の工夫は勿論ですが、

さらに一画にはテントを試し張りするスペースもあり、

スタッフの方が設営方法を丁寧に教えてくださるので

実際のキャンプでの使用をイメージしながら購入することが出来ます。

 

 

高知市内からクルマで1時間半程度の立地ですので、

私のようにこれからキャンプを始める方は必要な装備を一式揃えに、

また、ベテランキャンパーの方は更なる素敵なグッズを探しに訪ねてみては?

 

アルペンアウトドアーズ宇多津店

住所:香川県綾歌郡宇多津町浜五番丁60-10

営業時間:10:00~20:00

 

 

 

 

 

さて、本題に戻りますがこのランタン

 

 

 

 


サイト全体を照らす写真を撮りそこなったものの、とっても明るいです!

 

 

結局LEDランタンが一番高効率なのはわかっている中で、

あえてガスランタンを選ぶのはやはりその趣にあります。

 

 

 

明るすぎて直視していると目が潰れそうですが、

サングラスをかけてでもずっと眺めていたくなる炎の魅力です。

 

 

そんなランタンのデヴュー戦となる淡路島の休暇村を写真でご紹介します。

 

 

キャンプだけでなく通常の宿泊も可能です

 

 

穏やかな湾に面した芝生の美しいサイトです  

 

 

 

快適なキャンプで心強いAC電源完備です

 

 

お料理や洗い物で必須の水源も各サイトにございます

 

 

そして、以前から高知東店ブログをご覧くださっている皆さまなら上の写真でお察しのはず!

 

 

 

 

 

そう!なんと対岸には私つのがこよなく愛する中空三角ブロックが!!

 

 

 

 

 

テントの窓を開けると中空三角ブロック

こんな家に住みたいです

 

以上、写真でお伝えする休暇村の素敵ポイントでした!

 

 

 

シュラフと同時に購入しておいたスキレット前日にシーズニングを施しておいたので、

早速使ってみました。

 

 

スキレットといえばやはりアヒージョ!

 

 

スキレットのレシピを見ているとアサリのアヒージョエビのアヒージョ砂肝のアヒージョマッシュルームのアヒージョなどなど、、、

 

 

どれも美味しそうです!

 

 

そこで、今回は、、、

 

 

 

 

 

 

 

全部ぶち込んでみました!

 

 

料理が下手な人間に限ってレシピ通りにやらないと言いますが、

私はまさしくその人種で、アヒージョの基本は押さえつつも

アサリ、エビ、砂肝、マッシュルームそれぞれの素晴らしい風味が

オリーブ油地獄で拮抗しながら沸々と煮えたぎります。

 

 

ブロッコリーがオリーブオイルに溶け出してこれもまた美味

 

 

まあ、アヒージョを不味く作る方が難しいのか、幸いなことに絶品でしたが、

やはり特筆すべきはスキレットの熱伝導性保温性の高さでしょう。

 

 

特に心配だった砂肝もしっかりと内側まで熱が通っており、

コンロからテーブルに下ろしても冷めることなく最後まで温かくいただけました。

 

 

さらに明るいランタンの光を頼りに、テントの中で残った淡路牛とお豆腐で

プチすき焼きも完成!

 

 

淡路牛と淡路ビール

 

 

スキレットが大活躍です!

 

 

夜はシュラフに身を包みぐっすり。

 

 

連休中の経験値が活きてきました。

 

 

翌朝はフランスパンに淡路島特産の玉ねぎを贅沢にトッピングした

ピザを作ってみました。

 

 

淡路島のダムの恵みです

 

 

デザートにはマシュマロピザも。

 

 

しかしここで、普段料理をしないことが完全に露呈します。

 

 

 

 

作りすぎやん!一人やぞ!(笑)

 

 

4枚目からは吐きそうになりながらも、甘くてさっぱりした淡路島玉ねぎに救われながら休み休みなんとか完食。

 

 

その後はまったりと片付けながら11時にチェックアウトです。

 

 

 

いかがでしょう?

 

 

初心者の私ならではの視点で、少しでも皆さまにキャンプの愉しさが伝わると良いのですが。

 

 

皆さまもキャンプ始めてみませんか?

 

 

 

朝日を背に中空三角ブロックとテントとフォレスター

 

 

ゴールデンウィークの次はお盆休み。

一部車種を除き、まだお盆休みまでに間に合いますので

週末は是非四国スバル高知東店にお越しくださいませ!

 

 

 

今週末の試乗車・展示車のご案内はこちらから

 

 

 

土佐山で新品のシュラフに初めて包まれた時、一瞬孤独に押し潰されそうになりソロキャンプ仲間が欲しいなんて思ったりもしたのですが、、、

仲間とするソロキャンプはもはやソロキャンプじゃないのでは?と思うに至り、全ての迷いが吹き飛びました。

5/10 つの

 

前回:令和です!

次回:私のおうちはカーカムスです!