四国スバル株式会社四国スバル株式会社

SHOP TOPICS

高知東店

ロマンティックなプラスティックです!

投稿日:2018年11月30日 更新日:

こんにちは。

いつも高知東店のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

四国スバルリコーダー部、発足してません!発足したいのです!

(クラシックCDのジャケ写にありがちなこの写真に特に意味はありません)

 

先日、登山についてのブログでご紹介したプラスティック製トロンボーンについてほんの僅かに反響がございましたので、個人的に今アツいプラスティック楽器についてお話しいたします。

 

皆さま、今、管楽器の現場でプラスティック製の楽器が注目されているのをご存知ですか?

 

フルートやクラリネット、トランペットやトロンボーン、更にはユーフォニアムといった大型の楽器までプラスティック製のものが次々に作られています。

 

身近なプラスティック楽器で言えばリコーダーが挙げられます。

 

多くの方は義務教育の音楽の授業でリコーダーを演奏されたことと思います。

おそらくその楽器はプラスティック製だったのではないでしょうか?

 

音楽の授業でも使われるだけにリコーダーには安価なイメージがありますが、もともとのリコーダーは独奏用には黒檀(こくたん:エボニー)や紫檀(したん:ローズウッド)などの硬い木材を使用し、合奏などでは黄楊(つげ:ボックスウッド)やメープルなどの柔らかい木材を使用しており、材料から加工まで含めると決して安いものではありません。

 

しかし、他の楽器に比べて「音が出しやすい」「運指(指使い)がわかりやすい」などの理由で教育現場で採用されることとなり、製造が容易で費用も抑えられるプラスティック製のリコーダーが大変重宝されました。

 

さらに、木製と比べてプラスティック製のリコーダーの良いところは、メンテナンスの容易さも挙げられます。

 

木製の場合、気温や湿度に気を遣わなければならず、使用や保管を誤れば最悪割れてしまいます。

 

その点、プラスティック製であれば水洗いが可能で、きちんと乾燥させれば衛生的です。

 

まさに良いことづくし!

 

しかし、なぜ安価なプラスティック製のリコーダーだけでなく、木製のリコーダーが今日でも高値で取引されているかというと、木製にしか出せない音色にあります。

 

まろやかで深みのある音色や華々しい音色は木製リコーダーの専売特許です(もちろん奏者の腕によるところは大きいのですが)

 

プラスティックリコーダー
安い、メンテナンスが楽

木製リコーダー
美しい音色

 

このようにそれぞれの長所を並べてみると、プラスティックリコーダーで木製リコーダーのような美しい音色が出せると素敵だと思いませんか?

 

そんな欲張りさんにぴったりのリコーダーが誕生しました!

 

アルトリコーダー ブレッサン

(G-1A)
株式会社全音楽譜出版社さん

 

 

こちらの特徴はバロック時代の最高の楽器(ブレッサン)をプラスティックで再現した点で、外観からは想像も出来ない進化を遂げています。

 

例えば、リコーダーの縦の断面をご覧になったことはありますか?

 

通常は成型を容易にするために緩やかな円錐の形状をしていますが、こちらのブレッサンでは細かに変化をもたらしており、正確な音程を実現しています。

 

また、指で塞ぐトーンホール(穴)は通常のプラスティック製では成型が困難なアンダーカット(管の内側に向かって拡がる穴)を採用しています。

 

 

久しぶりに”つの図”(私のきたない手書きの図)の登場です。

 

リコーダーの断面図

水色が通常のトーンホール、黄色がアンダーカットを行ったトーンホール

 

ご覧のように通常は円柱型にくりぬいたような形をしていますが、アンダーカットを行ったトーンホールは内側に向けて広がる円錐形をしています。

 

これにより豊かに鳴らすことが可能で、また、トーンホールの間隔が狭まり、早いフレーズやパッセージも比較的容易に演奏することが可能となりました。

 

その他にも私には説明できない工夫がいたるところに用いられているらしく、一音でわかる(やや誇張が過ぎるかもしれませんが、少なくともこの鈍感な私であっても1オクターブ音階を吹くとわかる)豊かな響きと吹きやすさに感動することでしょう。

 

どうしても違いがわかりにくい場合は中学校の時に使われていたプラスティック製のアルトリコーダーと吹き比べていただくと一吹瞭然です!

 

音楽の授業で習った曲を吹いてみるも良し!
ヘンデルのリコーダーソナタにチャレンジしてみるも良し!

 

プラスティックリコーダーならではの低価格、3,456円(税込)で味わえるバロックの響きを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

さて、プラスティックといえば昨今のクルマ事情ですよね。

 

最近のクルマは燃費や運動性能の向上の為に、従来は金属が用いられていた箇所にもプラスティックが採用されています。

 

例えば、フェンダー。

 


SGP(スバルグローバルプラットフォーム)以降の車種はインプレッサもフォレスターも樹脂化されており、軽量化されています。

 

また2010年頃から見られるようになったプラスティック製のインテークマニホールドも特徴的です(WRX STIのように金属製のインテークマニホールドを有する車種もございます)。

 

 

以前までは金属が当たり前だったインテークマニホールド(エンジン上部にある燃焼する為の空気をエンジンに送る管/以下インマニ)が黒いプラスティック製になっており、「こんなもので大丈夫かしら」と思われた方もいらっしゃるほど。

 

しかし、インマニは極度な高温に晒されることもなくプラスティック製でも安全で、且つ、車体の上部にあるものは軽量化と低重心化の為にプラスティックにしてしまうのが理にかなっています。

 

そのほかにもフューエルリッド(給油口の蓋)なんかもプラスティック製ですよね!

 

 

このようにプラスティックにすることで得られた低重心で『安心と愉しさ』を実現したスバルのクルマたち。

 

そんな技術者とプラスティックドラマティックな出逢いで造られたスバルのクルマを買って、ロマンティッククリスマスを彩るプレゼントはいかがでしょうか?

 

メルヘンティックな世界から飛び出してきたような可愛らしい色使いで日々の何気ないドメスティックなお料理を飾ってくれる『ル・クルーゼ』さんのココットや、食パンやクロワッサンなどの異なるパンを5つのモードでオートマティックにおいしく焼き上げてくれる『バルミューダ』さんのトースターなど、ファンタスティックなプレゼントが盛りだくさんです!

クリスマスプレゼントとは銘打ったものの、残念ながらプレゼントをお届けできるのは来年の春頃になりそうですが、忘れた頃にやってくるプレゼントって素敵ですよね!
私は以前ネット通販で注文して商品の発送待ちのものを、注文したことも忘れて街のお店で買ってしまったことがありますので、頼みすぎにはご注意ください。

 

今週末から12月9日までSUBARU Christmas Gift Chanceを実施中の四国スバル高知東店にお越しください!

 

 

 

今週末の試乗車展示車

(11/29現在)

 今週のテーマ:タイヤ幅の広い順

FORESTER

(第1位225ミリ)

1日有2日有


グレード/Advance
ボディカラー/クリスタルホワイト・パール
型式/SKEA5HL-PSC

FORESTER

(第1位225ミリ

1日有2日有


グレード/Premium
ボディカラー/クリスタルブラック・シリカ
ナビゲーション/パナソニックビルトインナビ
型式/SK9A5GL-PEC

LEGACY OUTBACK

(第1位225ミリ

1日無2日無

グレード/X-BREAK
ボディカラー/マグネタイトグレー・メタリック
型式/BS9E5NC-NBC

LEGACY B4

(第1位225ミリ

1日無2日無


グレード/Limited
ボディカラー/クリスタルブラック・シリカ
ナビゲーション/DIATONEサウンドビルトインナビ
型式/BN9D47C-YBC

SUBARU XV

(第1位225ミリ

1日有2日有


グレード/Advance
ボディカラー/ラグーンブルー・パール
型式/GTEC5ML-UGC

SUBARU XV

(第1位225ミリ

1日無2日無


グレード/1.6-L
ボディカラー/クリスタルホワイト・パール

ナビゲーション/カロッツェリア楽ナビ
型式/GT3B5VC-QFC

IMPREZA SPORT

(第1位225ミリ

1日無2日有


グレード/2.0i-L EyeSight
ボディカラー/クリスタルホワイト・パール
 型式/GT7C5AL-UFC

LEVORG

(第8位215ミリ

1日有2日有


グレード/1.6GT EyeSight Smart Edition
ボディカラー/クリスタルブラック・シリカ

ナビゲーション/パナソニックビルトインナビ
型式/VM4E565-61C

IMPREZA SPORT(2WD)

(第9位205ミリ

1日有2日有


グレード/1.6i-L EyeSight S-style
ボディカラー/ダークグレー・メタリック
型式/GT6B5BL-UGC

以上スバルふれあい隊(高知東店の試乗車のこと)が皆さまのお越しをお待ちいたしております!

前回更新のブログ『便乗するのです!』が、私がブログ係に任命されてから記念すべき50回目だったようです。節目の更新が便乗かよ!ティックティックうるさいブログですが、今後とも何卒お付き合いくださいませ。

11/30 つの

前回:便乗するのです!

次回:今週の剽窃コーナーです!